Blog&column
ブログ・コラム

検に受かるにはタイヤの溝はどれくらい必要?なぜ溝が必要なの?

query_builder 2022/04/22
コラム
28
検に受かるには、タイヤの溝がある程度深くないといけません。
では実際、検に受かるにはタイヤの溝はどれくらい必要なのでしょうか。
そこで今回は、検に受かるにはタイヤの溝はどれくらい必要か、なぜ溝が必要なのかを紹介します。

検に受かるにはタイヤの溝はどれくらい必要?
検に受かるには、タイヤの溝は乗用の場合「1.6㎜」は必要になってきます。
この1.6㎜というサイズ感を測るには、タイヤについている「スリップサイン」を確認しましょう。
スリップサインは、タイヤの横にある「△マーク」で確認できるので、覚えておきましょう。

検に受かるにはなぜ溝が必要なの?
■安全性の観点から
検に受かるにはなぜ溝が必要なのかというと、スリップしやすくなるからです。
スリップしやすくなると、雪道や枯葉、マンホールなどで横転し事故に繋がりかねません。
大丈夫でしょ、とタイヤの溝を甘く見ずに、きちんと溝を確認しておきましょう。

■道路運送両法で定められているから
道路運送両法では、タイヤの溝が「1.6㎜」以下で走行すると罰金を科せられるという決まりがあります。
普通の場合は、これに違反すると「9,000円」の罰金が科せられるので、注意しましょう。

▼まとめ
検に受かるにはタイヤの溝は「1.6㎜」がラインなので、必ず覚えておきましょう。
この1.6㎜の基準を確認するには、タイヤの横にある「スリップサイン」を確認すると良いです。
またタイヤの溝は「安全性の観点」や「道路運送両法」などから、ある程度の深さが必要だと義務付けられています。
「Car&Life Planning KIRA」では、新や中古の販売をメインに、に関する業務を全般的に行っています。
どんなことでもお困りのことがあれば、ぜひ当社にお任せください。

NEW

  • KIRAスタイル株式会社

    query_builder 2022/02/03
  • トヨタ ハリアー 中古

    query_builder 2021/12/10
  • メルセデスベンツGLC

    query_builder 2021/12/10
  • タオル作成のご案内

    query_builder 2021/12/08
  • 中古の査定を少しでも高くするコツ

    query_builder 2022/07/01

CATEGORY

ARCHIVE