Blog&column
ブログ・コラム

目的で選ぶ中古の走行距離の判断基準

query_builder 2022/06/15
コラム
34
中古体の状態と同じぐらい走行距離が重要です。
では中古を購入する際は、どのようにして走行距離を判断すれば良いのでしょうか。
そこで今回は、目的で選ぶ中古の走行距離の判断基準を紹介します。

▼目的で選ぶ中古の走行距離の判断基準
■状態の良いなら3万Km前後
状態の良いに乗りたいのであれば、3万Km前後の走行距離の中古がおすすめです。
基本的には1年で「1万Km」が目安になるのですが、3万Kmはとても走行距離が短いです。
そのための状態も良いものが多く、3万Km前後の中古なら長い間乗れるでしょう。

■状態と価格のバランスを取るなら5万Km前後
状態も考慮しつつ価格も抑えたいのであれば、5万Km前後の走行距離の中古がおすすめです。
走行距離としてはぼちぼちといった感じです。
こうした中古は、状態も価格もバランスが取れているのでおすすめでしょう。

■価格重視なら10万Km前後
価格重視で選ぶなら、10万Km前後の走行距離の中古がおすすめです。
10万Kmともなると、とても走行距離が長いので、価格的にはとてもお求め安くなっています。

▼中古購入で狙い目の走行距離
意外と見落とされがちですが、中古購入は走行距離が少し長いを選ぶのがおすすめです。
例えば「4.9Km」と「5.1Km」とでは、ほとんど差はないですが、多くの方が「4.9Km」の中古を購入します。
こうした少し長いは意外と狙い目なので、中古購入時の参考にしてみてください。

▼まとめ
目的で選ぶ中古の走行距離の判断基準は、状態や価格など何を重視するかで選びましょう。
状態を取るなら「3万Km」、価格を取るなら「10万Km」、間を取るなら「5万Km」が良いでしょう。
また中古購入の際は「走行距離が少し長いを選ぶのがおすすめ」です。
「Car&Life Planning KIRA」では、このような中古販売なども行っています。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • KIRAスタイル株式会社

    query_builder 2022/02/03
  • トヨタ ハリアー 中古

    query_builder 2021/12/10
  • メルセデスベンツGLC

    query_builder 2021/12/10
  • タオル作成のご案内

    query_builder 2021/12/08
  • 中古の査定を少しでも高くするコツ

    query_builder 2022/07/01

CATEGORY

ARCHIVE